クリッペンシス (Haworthia klipensis) 

実に久々のこのブログ本来の記事うーーーーp

…あんまり久し振り過ぎてテンションが分かりません、失礼しました。


クリッペンシス
Haworthia klipensis n.n. MBB7586 Kliprivier, Uniondale

Haworthia klipensis

上3枚は今年の4月の撮影。夜に蛍光灯下で。

Haworthia klipensis

強烈な透明度と青光り。画像では本来の透明感は完全には表現できません。
透明草好きの方は是非入手されることをお勧めする種。

Haworthia klipensis

2017年9月18日撮影分、昼間ナチュラルな太陽光で(カメラも変わりました)。

最新の学名がH. klipensis (n.n.)だけれども、Sheilamのリストにはゴルドニアナで載っており、Bayer氏はHaworthia cooperi ‘transiens’としている。

いずれにしろ非常に魅力的な種。入手が困難っぽいけどもう1~2株欲しいな。

Haworthia klipensis

Haworthia klipensis

なかなか子吹きしないし1株しかないので予備を作りたいので胴切りしようとしてみたところ、どうも芯が深くてうまく切れそうにないので断念。もう一回り大きくなってからにします。

**********************************

先々週からざっくざっくと胴切り祭を開催中、2週間経って大体無事小さい芽が出て来ているところ。
一昨年、春先に斑入りのオブツーサ系を全部胴切りしたら何故か下半身が軒並み潰れてしまって、せっかくそれなりサイズになっていた子株も全滅してしまった。過去10数年そんなことは経験がなかったので、怖くなって昨年はほぼ胴切り繁殖には手を付けていなかったのだが今年はまた切ってみている。涼しくなってからにしてみたので大丈夫でしょ多分。またおかしなことになったら多分何か呪われているだろうのでお祓いにでも行きます。


2017/09/18 Mon. 23:58 [edit]

Category: 多肉植物(ハオルチア)

Thread:サボテン・多肉植物・観葉植物  Janre:趣味・実用

TB: 0  /  CM: 0

top △

オブツーサ錦 

ブラックオブツーサ錦 (萩原氏No.3 黒肌オブト錦)

ブラックオブツーサ錦

ブラックオブツーサ錦

胴切りするために葉間を空けようと影置きしている間に花芽が上がってしまって(そんな時期なのをすっかり失念)あちゃー…
ただの徒長状態になってしまった。


ドドソン紫オブツーサ交配錦

大型紫オブツーサ錦

大型紫オブツーサ錦

知人の実生。頂いた際、ちょっとだけ斑入りですよ、と言われたのが育つにつれて2/5程度斑入りになった。
こちらも胴切り予定なので伸ばしていたら以下同文。

ドドソン譲りの透明度の高い丸葉で斑が無くてもとても綺麗な個体。

両方とも影置き+成長期なので色が醒めているけれど本来黒肌。

******************************

この春は例年になく植え替えその他園芸作業に勤しんでいます。
栽培種を絞ることにしたので、今後育てるつもりのない物は知人友人に引き取って貰ったりして大分整理も進んで来ました。
特に変わった事もないのでブログ更新もネタがない…写真だけでも上げとくか~ってな感じです。

植え替えで溢れ出た余剰は順次ヤフオクで放出しています。当面ウィークリー出品予定。

先月からまた新しい家族が増えたので、またもやそちらに手と気を取られている現在。
難物と聞くと手を出したくなるのは動物も植物も同じ…(笑)
裏庭ブログも久々に更新しないといけませんね。

明日はハオルシア協会のイベント、ハオルシアフェスタ2017が開催されます。
お近くの方、お時間おありの方は是非お出掛け下さい。

2017/04/22 Sat. 06:36 [edit]

Category: 多肉植物(ハオルチア)

TB: 0  /  CM: 2

top △

シンビフォルミス錦 

花粉と黄砂が飛びまくり空が黄色いこの頃、すっかり春の様相です(当地では)。でも毎年3月に入ってから騙された!春だって言ったじゃない!ってくらい冷え込んだり雪が降ったりするので油断はできません。
・・・何だか毎年この時期には似たような事を書いている気がするんだけど同じ人間が10数年もブログ書いてると同じような事を何度も言うのは年のせいある意味仕方がありません。

ここ数年大分選抜して本当に好きな物だけにして行こうと、交配種やがっつり系は手放し、全体に数も減らしているけど大好物のオブツーサ系と、原種の綺麗なやつは勿論見付けたら欲しい訳で。

いらっしゃいませ。

シンビフォルミス変種オブツーサ錦  (H. cymbiformis v. obtusa f. variegata MBB6848 NW of Alicedale)

H. cymbiformis v. obtusa f. variegata

なさそうでやっぱりないデータ付原種の斑入り。べったり糊斑。

白蛇伝や仙女冠、白銀の露のように、葉の上面はほぼ真っ白、葉裏に緑の縞が入る。
もともとこのデータの植物は巨大化するタイプで、次々湧いて来る子株をちぎっては投げ毟っては投げして肥培すると5号鉢の縁に葉先が触れる位になる。現在3号鉢。もっと大きな鉢の方が本来いいけれど、私は小さめの鉢で管理する方がやり易いので基本なんでも鉢サイズびちびちです。

H. cymbiformis v. obtusa f. variegata

葉のゴミが気になったので霧吹きで流すついでに写真。
ハオルチアを盛った写真を撮る際に霧吹きで水滴乗っけてキラキラさせるのは常套手段の一つだけどこれは逆効果だね。

H. cymbiformis v. obtusa f. variegata

H. cymbiformis v. obtusa f. variegata

葉の皮膚も薄く、一見非常に弱弱しい感じだが、こういう糊斑は見た目より丈夫で育て易く、かつ子吹きもそれなりにする。
上であげた白蛇伝等のクーペリーやシンビフォルミス系の糊斑と比べても皮膚は格段に薄いかも。
しかし元々がバカスカ子吹きして群生する丈夫な種類なので、しっかり根さえ張らせておけば勝手に殖えてくれるでしょう。
・・・が、ここまで斑が強いと子株も幽霊多くて歩留まりは悪いかと。

既に殖やしてね!って予約があるので多分いつも通りさっさと胴切りします(笑)

*******************

ハオルチアを取り上げるニュースや番組が昨年来、定期的に放映されるようになりました。

放映時間と直後はこのブログのアクセス数もいきなり数倍~10数倍になります(笑)
そしてヤフオクのアクセスも…
まだまだブームは去らないようで、各趣味の会の例会や業者のオークションも高値推移が続いています。ちょっと昔の相場のこれまた数倍~数十倍、優良個体は100倍行ってるのでは?ってのも見掛けます。
私は引き籠り園芸家なのでそういったリアルな動きには個人的にはほぼ関係ないんですが、私がハオルチアを入手するメインソースの海外業者もどこも以前より大分単価が上がり、品数も減っちゃったのが残念です。

あんまり目玉落ちそうな高値取引されるような種類(万象玉扇ピクタ銘有り交配種等)には本来興味がないので、これまで通り好きな草を好きなように育てて細く長く楽しめればいいですね。

今年もそろそろ春咲きのハオルチアは花芽を上げて来ました。ぼちぼち交配開始しようかと思っています。

では皆様も良い園芸シーズンを♪(次のブログUPがいつになるか分からない感じの締め)


2017/02/25 Sat. 18:30 [edit]

Category: 多肉植物(ハオルチア)

TB: 0  /  CM: 0

top △

ハオルチア種子について 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2017/01/19 Thu. 23:00 [edit]

Category: 多肉植物(ハオルチア)

TB: --  /  CM: --

top △

2016年 ハオルチア種子 余剰放出リスト(終了しました) 


余剰種子配布へのご応募ありがとうございました。

9月26日に全て発送完了しました、29日頃までにはお届けになると思います。
実生をお楽しみいただければ幸いです。

次回はまた来年です、1年後にお会いしましょう。
(まるでそれまでブログ更新しない宣言のよう・笑)

*パスワードのお問い合わせがありましたが、終了しましてもう余剰がありません。
  種子のヤフオクでの販売も致しません。

2016/09/28 Wed. 06:16 [edit]

Category: 多肉植物(ハオルチア)

TB: 0  /  CM: 0

top △

紫オブツーサ 

ちょっと所要に付き、紫オブツーサを…

No.1 (参考:定番の「ドドソン紫オブツーサ」)
大型紫オブツーサ

No.2 ドドソンよりほんの少しだけ葉が小さめ、葉数が多い
大型紫オブツーサ

No.3 葉が細めで葉先が若干尖る、他より赤紫
大型紫オブツーサ

No.4 青っぽい、「黒オブツーサ」で入手、確かに紫と言うより黒肌
大型紫オブツーサ

No.5 艶ピカ(多分ドドソン系実生)
大型紫オブツーサ

No.6 これも赤紫(紫オブ交配実生)
大型紫オブツーサ

遮光率が低いのでNo.5以外はかなり焼けてる状態。遮光するともっと透明度は上がる。
No.1~No.3まで11cm鉢、No.4~No.6は9cm鉢。

全部別系統、さあどれでもどうぞ!(私信)

焼けてない状態→過去記事1 過去記事2

2016/03/29 Tue. 06:00 [edit]

Category: 多肉植物(ハオルチア)

TB: 0  /  CM: 2

top △

美白の極み 

肌色が真っ白いオブツーサもどきを作ろう、とかなり前にふと思い付き、手持ちのハオルチアの中で肌の白いもの同士を掛け合わせ、色素が薄いと成長も遅いのか、数年がかりでやっと顔が出たのを選抜して更にそこから数年、やっと昨年あたりに成株に。

両親より大分肌色が白抜けした一番苗がこちら。くりくりとした窓に太めの条理がくっきり入り、あんまりない顔に出来たかなと。

Haworthia hybrid

「蛙玉」のオブツーサ版のような感じで可愛いなと自画自賛(笑)

…と言っても実際この交配、所謂オブツーサ=オブトや、シンビフォルミス変種オブツーサの血は1滴も入っていません。
とある原種同士の掛け合わせです。まあ見る人が見たら何を使ったか推測は簡単ですね。

↓こちらは実生兄弟苗、肌色はほぼ同じ(画像では緑っぽく写っている)、葉形葉の長さが違う。同じように栽培していてもこちらは葉が長くなりがち。上の株とは両親の特徴を別々に受け継いだ様子。

Haworthia hybrid

これも兄弟苗。個別に鉢上げして膨らませたら上の2株より白いのもありそうな…?

Haworthia hybrid

1枚目画像の苗は既に胴切りして繁殖中。

Haworthia hybrid

今年は更に白肌もしくは頭の丸いタイプを交配して、頭を潰して真っ白なオブツーサもどきを狙おうと思っている。
自分が好きな物だけ、好きなように作っていきます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今月中に何とかもう1回オークション出品予定(前回はお知らせしませんでした)。
植え替えで外れたデータ付き草をプチ☆プラで(笑)

2016/03/20 Sun. 21:54 [edit]

Category: 多肉植物(ハオルチア)

TB: 0  /  CM: 0

top △

黒オブツーサ交配種 

ご無沙汰しております、今年3回目の更新です。相変わらずのペースで申し訳ないようなもっと頑張れたような(更新しないチキンレース的な意味で)。

更新していない2ヶ月の間にすっかり冬から春に季節が変わりました。
1月末の大寒波で南国であるはずの当地でもマイナス5度が持続するような状態、植物栽培を趣味にしてから初めて経験、戸外に放置していた多肉のうちベンケイソウ科だけが無残な姿に。勝手に生えて来てた子宝草系統やレノフィルムやカタバミが殲滅できたので草抜きの手間が省k...

ハオルチアはどれだけ耐えるものかとちょっと試してみたくなり...(良い子は真似しない)

雪

同種をこういう雪晒し~色んな所に置き去りにして周りの温度と、放射温度計で植物体の体温を測りつつ寒波が過ぎるのを待ったのですが、結果、1株も駄目になったものはありませんでした。一部凍害が出て窓が曇ったものがありましたが、雪よりも風が直撃する場所に置いたものでした。

植物本体の温度はマイナス3度まで記録しましたが、事前に2ヶ月近く水切りしていたので鉢はカラカラ、体液も濃縮されていたせいもあります。マイナス温度も多分半日程度だったので耐えたのだと思います。

あくまで当方の条件下での結果ですので、ハオルチアはマイナスでも大丈夫!という事ではありません(笑)
が、庭先やベランダでの栽培の方で、室内には取り込めない(物理・物量的に)という声も沢山聴きましたので、案外大丈夫ですよ、と。
寒くなる前に水をしっかり切って鉢土を乾燥させ、植物の体液濃度を上げる、雪が直接掛からないようにする、風の直撃は新聞紙や寒冷紗などを被せてしっかり避ける、で多少なりとも安全が担保できます。

...え?春になってから記事にするのでは遅いって?いやその、来年のご参考に...。

********************

例年言っている気がするけど、そして全然実行してないけど、今年はちょっとだけ真面目に交配してみようかと思っています。

と言っても、硬いのとか窓のないのとかには興味がないので原種同種同士とオブツーサ系と窓の綺麗な草で。

草系は肌は触れたら破れそうな程に張りつめて薄く薄く、透明度はあちらが透けて見えるほどに高く高く、窓はデカ目プリクラ女子の黒目のように不釣り合いにデカくデカく、そして磨き抜かれたオヤジのハゲ頭のようにキラッキラにまばゆいほどに光るのが理想。


こちらは数年前の実生苗、黒オブツーサを母株にしたもの。5株だけ残り、そのうち3株が青肌、2株が黒肌に。

青肌の方。Zuurbron産のゴルドニアナ風、しかしオブツーサの血が作用したのかかなり肉厚。

オブツーサ交配種

黒肌の方、草姿はほぼ同じ、但し青肌と全く同じ条件で栽培していても肌色は黒紫。

オブツーサ交配種

綺麗な草を眺めていれば幸せなので、今年の交配もこういう方向で。
オブツーサも今年に入ってから急いでまた掻き集めているので、片っ端から掛けて種を採るつもり。
流行り廃りには関係なく、ハオルチア栽培を始めてからずっと、メインはオブツーサ。

これらももう花芽が上がるサイズになったので、更に綺麗な草を目指して二次交配予定。


ちょっと変わったオブ持ってるよ、って方、オファーください、当方にないタイプであれば購買交換大歓迎です♪

2016/03/15 Tue. 22:15 [edit]

Category: 多肉植物(ハオルチア)

TB: 0  /  CM: 2

top △

ニグリカンス 

遠い昔、最初の1種のハオルチアが発見され日本に紹介された時、その様子から「窓草=マドクサ」と呼ばれました。

その後、2種目のハオルチアが続いて採集され、こちらには当初この植物の特徴と思われた窓が無かったため「窓無し窓草=マドナシマドクサ」と名付けられました。

しかし更にその2種目の同種のバリエーションに窓がある物が発見されるにあたって「窓あり窓無し窓草=マドアリマドナシマドクサ」と呼ばれるようになりました。




  *   *
 *   + うそでーす
  n ∧_∧ n
+ (ヨ(*´∀`)E)
  Y   Y  *     参考:トゲアリトゲナシトゲハムシ


さて。
「トムとジェリーが仲が悪いのはジェリーさんのお父さんをトムさんが食べちゃったからだよ」とかいう嘘をついて友人を騙したのと同様な掴みは置いといて、本日のメニューは窓無し窓草です。

Haworthia arachnoidea v. nigricans MBB6694 NE of Tierkloof, Gamka

H. arachnoidea v. nigricans

このデータで検索すると、もっと細く薄い葉で窓がもう少し多い個体ばかりが上がって来るが、うちにある2個体は肉厚葉で窓がほぼなく、透明感も何もないてろんとした質感の肌。札違いでなければ多分特異個体ではないかと思われる。

地味でこういうタイプのハオルチアの一番の魅力である窓はないが、こういうのが好きな人もたまには居るようで…。ソルディダやコエルなどが好きな方には訴求する物があるのかも?

H. arachnoidea v. nigricans

ニグリカンスの名の通り、真夏には株全体が赤黒く染まるが秋からは濃緑色に落ち着く。こちらの株は外葉にまだ夏の名残の色がある。


Haworthia arachnoidea v. nigricans (=H. armata) JDV92/52 Voorbaat

H. armata

こちらは入手時の札は「H. armata」、だが上の物と同じくニグリカンス。綺麗な明るい緑色に葉脈模様がくっきりと浮き上がる、窓はないけれど綺麗な種。色付きにくいけれど、夏場はそれなりに黒くなる。黒と言うより赤茶色系の色付き。

H.armata

窓無し窓草2点でした。

******************
当方の地域では気温が乱高下している12月、台風のような天気になったかと思ったら本当に遠い南の海では台風が発生していたり。

今頃になって、繁殖中の株がいくつか潰れました…期待していたものが多くがっかり。親株は残っているので春になったら再チャレンジ。

忙しい時期に入りました、皆様ご自愛ください。

2015/12/12 Sat. 12:20 [edit]

Category: 多肉植物(ハオルチア)

Thread:サボテン・多肉植物・観葉植物  Janre:趣味・実用

TB: 0  /  CM: 0

top △

春の胴切り祭りその後 

さて久し振りの普通の内容のブログ更新です。
ここ暫くは言いたいことや思いついた事はつい手軽なTwitterでぽろぽろ言ってしまうので、ブログ更新する前にネタが零れ落ちてしまう事も多くなってしまっております。
まぁフォロワーさん達からもそれをここで言うか?ブログ更新せぇとタコ殴r…いえせっつかれたりもしている訳でありますが。

とりあえず今回は、春先の記事で胴切りした株のその後をば。

赤斑のオブツーサ錦、7月20日(胴切り後約2か月)

赤斑オブツーサ

同上、9月23日(胴切り後約4か月)
幽霊になりそうなのが結構出ている、極上斑見込みは1株だけかな…。

赤斑オブツーサ


ブラックオブツーサ錦、7月20日

ブラックオブツーサ錦

同上、9月23日
こちらは割と歩留まり良く斑入り株が採れそう。

ブラックオブツーサ錦


オブツーサ・トルンカータ錦改め、「虹の雫」

夢の雫

同上、9月23日
そろそろ親株の特徴である成長が遅い面が出て来たのか、7月からあまり育っていない。
斑入り株はそれなりに収穫見込み。

虹の雫


あとこちら、チビ苗をオークションに出していたら殖やして欲しいと言われたので胴切りしたもの。
親株は胴切りした上半分は殆ど斑が消えてもう駄目かと言う感じだったのが、子株はこの通り。
斑回りが怪しくなったら、早めの胴切り繁殖が吉です。

秋まつり


胴切り繁殖の場合、親株の葉が萎れて来るにつれて、段々成長スピードが落ちてきます。早く成長させて子株を取るには、出来るだけ親株の葉が長期間残るように管理、液肥での肥培が必要。

私は夏場は成長より潰さないことを第一に管理(放置ともいう)するので、潅水頻度が普段以上に下がるので葉が萎れがちで成長が腰を打ちます。これから春までガンガン追肥して育てる予定。

私に何か繁殖御依頼~御予約の方、斑入りは特に1年はお待たせするような感じですので、放出時まだ欲しかったらという事でのんびりお待ちください。

2015/10/01 Thu. 17:20 [edit]

Category: 多肉植物(ハオルチア)

TB: 0  /  CM: 4

top △