ハトが来た(Part2) 

3日もブログをサボっていた訳だが。理由は体調不良で疲れ気味で早寝していたため。11時も過ぎると意識が朦朧としてはっと気がつくと翌朝という事で。

ハト(2羽セット)がベランダを荒らし回り、ウェディングドレスのフリルを余計なお世話で増量し、玉つづりやマツムシや白牡丹を大量に勝手に葉挿しし、竜鱗群生を勝手に株分けし、ウスネオイデスを巣材に持ち去ってくれた。

こちらがベランダに出ても逃げもせず、どうやらかなりな頻度で滞在しているようで、朝晩「くるっぽー」と挨拶してくれる始末。完璧に舐められている。動物虐待かと思いつつ、意を決して発射した水鉄砲は「それが何か?」と横目で見られただけだった。

こっちは人間だ、何と言っても目が横に付いている、足に鱗が生えた動物とは違う知恵がある。その横目でしか見れない狭い視界に目に物見せてやるぜイエー(ー皿ー凸 と決意。


で、わたくしが取った手だが。



・・・もちろん、自信を持って、懐柔策♪ (餌をやる)。

被害が治まった。おなかが空かれていたんですね、そうですか。食パン美味しゅうございますか、明日は和食になさいますか?米と豆ではどちらがお好み?

10日後には手から餌を取るまでに手なづけて見せよう。現在のくるっぽーsとわたくしとの最接近距離、30cm。実は鳥は大好きだったりしてw


ハオルチア・レティキュラータ変種ヘイリンギー(H. reticulata v. hurlingii)
網目の強い、低温乾燥でオレンジピンクに染まる可愛い種類。
株分けしたくてうずうずするが、我慢中。たまには我慢しようね、うん。
H. reticulata v. hurlingii

スポンサーサイト



2006/05/25 Thu. 23:43 [edit]

Category: 日常

Thread:サボテン・多肉植物・観葉植物  Janre:趣味・実用

TB: 0  /  CM: 2

top △