歯医者コワイ 

恒例翌日書く後出し日記。

月曜の夕方歯医者(個人病院)に行ったら知らない若い医者が居た。
インターン?と思ってたら何故かその人が私の治療を…。
いつもの院長はとても丁寧で痛そうな素振りでもしようものなら更に丁寧にやってくれて、本気で痛いことなど一度もなかったのだが、久々に激痛。
痛いと訴えるも「すみませんね~」「痛いですね~」。
だから痛いと言うてるだろうがぁああぁあああ。モマエには日本語が通じんのか痛いと言うたら痛くないようにしてくれということだぁあああああ!(心の声)。

しかも普段の10倍の時間が掛かっているのは何故ですかー?

自律神経も病んでいるここ1年半ほど不快なこと(心身共に痛いこと)に対する耐性が非常に低くなっている私、心臓バクバク、血圧急上昇、変な汗じっとりで全身力が入って治療が終わった時にはふらふらだった。(そしてこれを書いている時点では全身筋肉痛。力入り過ぎだw)

その夜。いつまでも傷みが引かないじゃないかー。何だこのズキズキする痛みはー?頭まで痛いじゃないかー。食事をするのも無理なくらい痛い。上下の歯が当たっただけで激痛が走る。
以前貰っていた鎮痛剤を飲む。更に飲む。足りなくなって内科から出ている頭痛薬も飲む。とかやりながらほぼ一睡も出来ないまま朝…。

痛いからと家で寝ているのももったいないので出勤(何か問題でも?)w
終業時まで痛かったら歯医者に行こうと思って頭痛薬をドーピングしながら一日過ごしたが痛かった(というか歩く振動さえ響く)ので、夕方歯医者に電話を入れ「昨日治療して頂いたところが痛くて眠れない」と訴えて当日予約をねじ込む(普段は1週間待ち。でも来るなとは言えないわなw)。

また昨日の医者だったら泣いて嫌がろう「院長でお願いします(涙目)」と可愛く言おうと思っていたのだが、幸い居なくて院長が詰め物を外し痛み止めを詰め、炎症を抑える薬とかを出してもらい(炎症起こしてるのかよ~)帰宅。

22時頃鎮痛剤を飲んでオークション出品準備をしていたのだが、何故か記憶がないままにベッドで気が付く午前4時。「あっーたーらしーいー朝が来たー♪」とかラジオ体操の歌でも歌いたくなるような爽やかな目覚め(爆)歯痛?何ですかそれ?

きっと何かの弾みだな、たまたま痛い所に差し掛かっていただけだよ、インターンがヘタクソだったせいじゃないよねと良い方に考えようとは思うが、この劇的な変化は何かやり損ねてたんじゃないかと…そう言えば普段は「お薬詰めますからね~」と言われるが、言われなかったし…(疑心暗鬼)。
どんな医者も初心者の時があるし、色んな治療を経験する必要があるし誰かが実験台現場治療の協力者になる必要があるとは思うが…。

次回からは遠慮させて頂きます。悪しからず(ー皿ーメ)凸。

だって痛くなくて上手だからその病院に通ってるんだもん。
またインターンだったらマジ泣きするぞゴルァw

と言う訳で爆死もとい爆睡していたので昨日メールを頂いた方、お返事できずにスミマセン。

しかし朝から薬10個も飲むのはお腹苦しいなぁ(^^;


間に合わせ写真。
白肌赤耳(葉縁が赤い)のスプレンデンス。次回本体サイト更新用から。日陰に置いていたので赤耳が今ひとつ。
H. splendens


スポンサーサイト



2007/09/11 Tue. 23:59 [edit]

Category: 日常

TB: 0  /  CM: 6

top △