休日のあれこれ(1) 

久々にゆったりした3連休。
オークションの発送がないとのんびり~♪w

買い物に行っておサカナも2匹買ったし、秋の服とブーツも買ったし、サボっていたハオルチアの植え替えもある程度済ませ、エサ用メダカ水槽も立ち上げて回しているので後はメダカ到着を待つばかり。アホーズ水槽丸洗い、他の水槽の水替えも終了、バケツの運びすぎで腕が痛いが仕方ない。

リビングに90~120水槽の置き場を作ろうと大掃除、だがどうやら自室の模様替えをしたら置けそうなのでそちらにプラン変更。
しかし就寝中に大きな地震が来たら私はきっと室内で溺死するであろう(爆)<ベッドを半分取り囲むように水槽配置予定。


不気味なキノコが生えたりするので減らしていたのにまた苗箱を作った。チビ苗を並べているが来年の春にはみちみちに詰まる予定。
苗箱

何が入ってるの?と思われるだろうのでアップ。拡大すると札が読めます。汚い字だなw
苗箱

苗箱


その他、おサカナの話は画面がずるずると長くなるので別エントリーでw

スポンサーサイト



2007/09/17 Mon. 23:59 [edit]

Category: 多肉植物(ハオルチア)

Thread:サボテン・多肉植物・観葉植物  Janre:趣味・実用

TB: 0  /  CM: 10

top △

テトラオドン・バイレイ(毛フグ) 

テトラオドン・リネアータスが土曜の朝起きたら☆になっていた(TT)
動かないなーと思ったら冷たくなっていた<いや元から冷たいけど

前の晩餌食いが悪いな、とは思っていたのだが…
長生きされてやれなくてゴメン、冥福を祈る。原因と思われるものは次への反省材料としてしっかり考えよう。

大型になるフグはもうやめておこう、ポリプとも混泳できないし。しかし水槽が空いてしまった。

懲りない飼い主は大きくならないフグで以前から気になっていたもの…
3ヶ月以上前からいつも行くショップの水槽の隅っこでじっとりと佇んでいた彼を思い出した。
体の表面にうっすらコケが生えたようになっていて、きっと殆ど動かないんだろう、いつ行っても水槽の同じ隅で生きてるのか死んでるのか分からない様子でじっとしていた彼。

思い立ったら吉日


テトラオドン・バイレイ=Tetraodon baileyi 別名「毛フグ」。最大長15cm程。

毛フグ

メコン川に生息し、数年前までは「幻のフグ」と呼ばれていたレア種の淡水フグ。最近観賞魚として入荷するようになったとかで…しかしまだいいお値段がする。うちにいる魚の中で一番高価だった(笑)
そこそこのハオルチアが数鉢買えるよw

物陰に潜む癖があるので、ゼブラストーンで生垣を作ってヘアグラスとアヌビアス・ナナを植え、隠れられるようにしてやったのに投げ込みフィルターの上に乗っている(右隅)。

毛フグ
隣↑はミドリフグ水槽。

アップ。まだ目の表面がちょっとコケが付いている感じ。

毛フグ

ドアップ。毛(皮弁)だらけなのが分かると思う。毛が多い方がオスだとか。ということで「彼」と呼んでいるが実際の所よく分からない。
緑色っぽい肌にピンク掛かった色の模様が入る。決して可愛くない。むしろグロい風貌だがそれがまたたまらなく可愛いのだコレが<ヘンな物好き。

毛フグ


もちろんフグなので性格は凶暴。

連れ帰って水合わせを済ませ、網ですくって水槽に移そうとしたら「ギョギョギョギョギョギョギョギョ」という音を立てて2秒位でぱんぱんに膨らんだ。どこが前だか後だか分からない、かろうじて尻尾の場所が分かるくらい。

…小さめの網ですくっていたので、網にはまってぱっつんぱっつんに。網の枠より大きくなっていて抜けない。ぎゃーどうしよう!?

そのまま水槽に浮かべたり沈めたりするが、全く萎む様子がない上触ると「ぎちぎちぎち」と音を立てて威嚇するので、このままではサカナ抹殺時間最短記録を作ってしまうと、ハサミで網を切って救出。たっぷり10秒間水面に風船のように逆さに浮いた後、しゅるしゅると萎んで水中に。あー怖かったw

詳しくは書かないが、その後ちょっと飼い主の怠慢で事故があり、彼は飼い主の目の前でスプラッタショーを繰り広げて見せてくれた。
つくづくフグの凶暴さを思い知った所…本気で青くなった。

しかし彼のために餌用メダカを200匹発注しました、ハイ。
もう1本エサ用水槽立てますです(TT)
長生きして欲しいので外部フィルターにグレードアップすべくそちらも注文。

もちろんピンセットでの餌付け完了。食い意地が張っているので苦労なく即日OKだった。


2007/09/17 Mon. 01:16 [edit]

Category: 多肉植物(ハオルチア)

Thread:熱帯魚  Janre:ペット

TB: 0  /  CM: 6

top △