コエルマニオーラム交配3種 

コエルマニオーラムの交配3種。

ベノーサxコエル、錦帯橋=H. hybrid 'Kintaikyo'
H.錦帯橋

葉裏にはぶつぶつ。
H.錦帯橋

葉面は不思議な模様。これに似た模様のベノーサの原種があるので、あの辺が片親だろうと推測できる。
H.錦帯橋

色違いの「銀帯橋」もあるが、葉数4枚程度でまだ違いがよく分からないので今回は省略。


アリゲーター・パール=H. hybrid 'Aligator Parr' 輸入株。
日本語表記はアリゲーター・ペアーになっている場合もある。人名由来だったらアリゲーター・パーにすべきかも?
H.アリゲーター・パール


コエル色の強いワイルドな交配。片親は? 遮光すると青白かった気がするが、なんか汚いw
H.アリゲーター・パール


青竜刀=H. hybrid 'Seiryutou'
H.青竜刀

ちょっと虹色っぽいグラデーションが気に入っている。
H.青竜刀


コエル系は触ると痛いし硬いし殖えないしで余り好きでないと思っていたが、錦帯橋などは交配の傑作だと思う。じっくりみるとどれも渋カッコイイ交配だな、うん。

しかしお気づきの方もあるかと思うが、鉢がぎゅうぎゅう(笑)2年ほどどれも植え替えしてないようなのでこの春はせねば。しかし私はこのくらいなら2.5号のままで強引に押し通すので鉢上げという選択肢はない。根を整理して土を入れ替えるだけ。
自分で鑑賞する分には鉢とのバランスなんかどうでもいいんだもんね。

というか、鉢の上方が無駄に広がらず、鉢の縁が薄く、かつ高級感のある3~3.5号鉢どこかに無いですかねぇ?どうも気に入ったプラ鉢がなくて。
○マンの3号が近いのだけれど、もう少し縁がラッパ状になっていなければ理想。2.5号のミニ蘭鉢がそのまま3.5号であればいいんだけどなぁ。探し方が足りんのかな。

**********************************************

昨晩突然目が痒くなり、どうにもならずゴシゴシやっていたら結膜(あっかんべーで見えるとこ)が薄くはがれてびろーんと糸のようになって出て来た。こすっているうちにまぶたや目の周りにも蕁麻疹様の発疹が出てますます痒い。片目だけだったのでまぁマシだが、泣き腫らしたような目で出勤。

外に出たらくしゃみ連発、鼻の奥がムズムズ、いいえこれは花粉症ではなくてw
昨年から同じような症状で花粉じゃないぞと言い張ってきたが、血液検査の結果は花粉系のアレルゲンは全てマイナス、スギ花粉がばふばふ舞う山中で一日過ごしても全く平気。

やっとこの春になって、化学物質まみれの黄砂、煙霧や光化学スモッグ、光化学オキシダントなど化学物質系の靄が出た日に症状が出るのに気が付いた。田舎育ちだから天然系のものには強くても化学物質に弱かった(笑)

てな訳で、天気が悪いと気圧の変化で頭痛、天気がいいと飛んで来る化学物質と黄砂で粘膜系をやられ、どっちにしろ引き篭もるしかないのかと思う今日この頃(苦笑)


スポンサーサイト



2008/03/21 Fri. 23:59 [edit]

Category: 多肉植物(ハオルチア)

Thread:サボテン・多肉植物・観葉植物  Janre:趣味・実用

TB: 0  /  CM: 6

top △