トカゲと帰省 

ある晴れた午前中…

「ボクをどこへ連れてくんや?そうか、どっか別なとこへ行くんやな…」 (BGM:ドナドナ)
「ここどこやろ?」

「今度の飼い主は優しくしてくれるやろか?」 オイ!w
「幸せになれるやろか?」

帰省に連れてくだけだってば。

「ホントにぃ~?」 何ですかその疑いのまなざしは?
「ほんとにー?」

私が飼い主であることに何か不満でも?

「あっ、外見ーようっと♪」
「明るいなぁ」

「ほえー♪」
「なんや動いてるわー」

いいけど片手でキミを支えるのはいささか重いんですが…。
「外見せてぇな」


てな訳で渋滞に揉まれつつ飼い主の実家へお供する。
お外で日光浴。

「お、ここは何や?」

「木ぃ登るでぇー」

「陽射しがええ感じやな」
「日光浴や♪」

「故郷を思い出すなぁ」
「ボクが故郷に居た頃には…」

キミが登ってるの、それクラッスラ・花月、南アフリカ原産。
キミはオーストラリア原産、フトアゴヒゲトカゲ、ついでに国内CB。


「それがなにか?」 いえ別に。
「気分出してんやから邪魔せんといてや」


飼い主お手製の赤い首輪とリードをぐいぐい引っ張りながら外気温38度の中で走ったり木登りしたり。砂漠トカゲには適温?でもそのうち木漏れ日が差す所でまったりしていた。

実家の人間にいじくり回され⇒な、何すんねん!と暴れる。
買い物に出た飼い主に知らない場所で留守番させられ⇒帰ってきたらソファの下に潜ってた。引っ張り出したら何故か偉そうにふんぞり返る。褒めて欲しいのか?w
また車に揺られて帰って来て⇒帰り道は飼い主の膝で半分寝てた。
で、すっかり疲れてケージへ。

今年初めての梨を買って来たので、最初にサイファに上げようと剥いて持って来たら…もう寝てた(笑)

疲れたね~、明日一緒に梨食べようね

スポンサーサイト

2008/08/14 Thu. 22:27 [edit]

Category: フトアゴヒゲトカゲ

Thread:爬虫類  Janre:ペット

TB: 0  /  CM: 8

top △