アホーズ団子 

ものすごく久し振りのアホーズ。

みんな2007年の春頃の生まれのはずなので2歳を迎えた。
90cm水槽で4匹同居、事故もなく平和にぼーーーーっと生きている。大体いつも折り重なって団子になっている。

手前からアズ(ブルー)、レティ(マーブル)、土管に顔突っ込んでいるのがミュー(ブリンドルだったのが普通にリューシになった)、一番奥がロゼ(リューシ)。
アホーズ

動きも少ないし寝ていると生きてるのか死んでるのか良く分からないが、飼い主が水槽の前に行くと「ごはんのひとだー」と反応して立ち上がったり泳いで寄って来たり。

飼い主以外には違いが分からない?リューシの2匹、こっち向いて愛想を振っているのはミュー。
アホーズ

同じ水槽に居るので同じ環境で飼育しているのだが、小さい頃一番フサフサだったアズのエラが現在一番小さい。水質が悪いと減るとか、大人になると段々退化するとか言うが個体差が大きいようにも思う。

アホーズ

ライトを点けたら暴れだすので、レティはばびゅーんと泳いでフレームアウト。
なかなか体長が測りづらいが、唯一のメスのミューが約23cm、オス3匹は25~26cm程度。

アホーズ

いつもぼーっとした顔でのんびり、常に笑顔(に見える)、見ていると癒されるのだが唯一の欠点は触れないこと。人間の体温でも火傷を起こすこともあるとかで、水換えの時に冷やした手でちょっと触るくらいが限界。
ぬるりつるりふわふわした感触、ツメは尖っていてチクチク。結構ずっしり重い。量ったことはないが1匹150gはありそう。次回水替えの際には量ってみよう。

大体こういう変態的?な動物を飼う人のパターンとしては、普通の熱帯魚⇒大型魚とかちょっと変わった魚⇒両生類⇒爬虫類というコースの場合を良く見かけるが、その先には猛禽類があるらしい。

鳥も大好きだが生活環境的に飼えないので鷹匠になるのは老後の夢ということで(笑)


スポンサーサイト



2009/05/05 Tue. 06:00 [edit]

Category: アホロートル

Thread:爬虫類  Janre:ペット

TB: 0  /  CM: 3

top △