オーニソガラム・サルディエニー 

オーニソガラム・サルディエニー(Ornithogalum sardienii)

地上球根からやたら短い葉が密集して出て来る。

オーニソガラム・サルディエニー

7月に針金状の長い(30cm位あった)花茎が伸び、細かく枝分かれした先に6弁の小さな白い儚げな花が沢山咲いた。種は採れず。そこら辺に撒き散らしたかも?

少し涼しくなったら新しい綺麗な葉が沢山出て来た。
オーニソガラム・サルディエニー

葉には細かいうぶ毛で覆われている。
オーニソガラム・サルディエニー

現在直径1.5cm程度の球根。これでも輸入時は1cmしかなかったので一応育っている。
倍程度にはなるはずだが気の長い話。

******************

チーズスフレを焼こうと思って材料を買って来た。しかし数日前までの涼しさがどこへやらの暑さでやる気出ず、明日へ持ち越し。

ずっしり重いタイプのベイクドチーズケーキはもう胃が受け付けない。年々あっさりした物が好きになるし和食寄りになるのは年齢による民族的味覚への回帰と言うとかナントカ。

そういえば…関係ない?けど、ユーリ猫がこの夏始めてかつおぶしに興味を示した。サカナ嫌いでドライフードの魚味は殆ど食べない、猫缶もツナ缶っぽい魚の身がそのままになっている物は食べない、もちろん生の魚もカマボコ類も見向きもしない…だった。

それが先日飼い主がお好み焼きを焼いてかつおぶしを掛けていたら自分の椅子から身を乗り出してふんふん言っている。
(※うちのダイニングテーブルにはユーリの席がある。毎日夕食は何故か一緒にテーブルについて飼い主の食事を見守っているw)

「え?食べるの?」と手のひらに少し出して見せるとしばらく匂いをかいで、鼻の穴にかつおぶしが入ってくしゃみを1発、それからぺろっと食べた。

猫も年を取ると猫らしい味覚になるんだねー…いや、猫は元々スナドリネコ以外は魚なんか獲って食べないし。日本は島国だから猫に魚をやるのが当たり前になったけど、ユーリはアメリカ作出の品種だし。

まぁ、猫も年齢による嗜好の変化があるってことで?

2009/08/29 Sat. 11:46 [edit]

Category: 球根・塊根多肉

Thread:サボテン・多肉植物・観葉植物  Janre:趣味・実用

TB: 0  /  CM: 5

top △