ガーゴイルゲッコー 1週間 

ガーゴを連れ帰ってから1週間経った。今の所順調。体重も微妙に増えている。

ケージ内のレイアウトを弄った。アビスが大き過ぎてちょっと邪魔というか、ガーゴを引っ張り出す際に毎回鉢を出さないといけないので除けた。
登り木が流木だけだと淋しかったので人工枝(針金が入っていてフレキシブルに曲がる)を入れて、適当に切ったポトスをミズゴケに植えたのを追加。近日中にまた別な鉢も追加予定。
ガーゴは紫外線が必要な為紫外線灯を新調したので植物も何とか育ってくれるだろう。

「見んなコラ」
ガーゴイルゲッコー

このように保護色なのです。
ガーゴイルゲッコー

「見んなってば」
ガーゴイルゲッコー

「呪うぞ」 ピンクベージュの目玉に網網模様。拡大してるけどこの目玉、直径3mm程度。顔の長さ自体2cm位のまだチビゲコ。
ガーゴイルゲッコー

大きさが分かる画像を。人差し指の上で。
ガーゴイルゲッコー

何見てるんだろう、可愛いなー。
ガーゴイルゲッコー

ガーゴイルを含むラコダクティルス属のヤモリは人工飼料が開発されていて市販されている。
フトアゴなどのブリーディングで有名なアメリカのSandfire Dragon Raunchで使用している餌のレシピを粉末にしたもので、水で練って与える。餌付けばこれだけで他の餌一切なしで繁殖まで持っていける完全栄養食。
ガーゴ用はなくなってクレス用と兼用になるとかいう噂もあり、ガーゴ用が見付からなかったのでクレス用を買ってみた。差異は粗蛋白の量だけのようなので肉食寄りガーゴには少し動物性の餌を追加すればOKだろうということで。人工飼料だけで飼えればそれに越したことはない。

少し小皿に取って水を入れて練り練り。何か緑色のざらついたスライムみたいな物体が出来上がりましたよ。

スプーンで口元まで持って行くと舐めた。あんまり好きじゃなさそうだが贅沢言わず食べてもらう。うちの子はガーゴらしく甘いものに目がなく、今の所何でも口に汁を付けてそれに甘みが感じられれば食べる。

コオロギやら虫をケージ内に放して自分で狩ってもらうのが手っ取り早いが、小さいうちにベタ馴れ手乗りガーゴにしたいので、ご飯は飼い主の手の上で食べるものと覚えさせたい。

外に出して左手の上に乗せ、右手で餌を与えているのだがちょろちょろと逃げる時がある。急にポンと飛んで行ったり。
昨日も手の上からジャンプして肩に飛んで来たのだが、それを捕まえようとしたら…

振り返りざまにガブっと噛まれた…。

父さんにもぶたれたもとい、サイファにも噛まれたことないのにー!

いやチビだから痛くはないんだけど、やるなこいつ^^と嬉しくなったり。変態でスミマセン。

出す頻度が低いので便秘気味かと思っていたが今日になって連発でぷりぷりと。結構食べたものの体内滞留時間が長い?食べる量がまだ足りないのかも知れないので餌を増やしてみよう。


スポンサーサイト

2009/12/06 Sun. 12:23 [edit]

Category: ガーゴイルゲッコー

Thread:爬虫類  Janre:ペット

TB: 0  /  CM: 7

top △