三者三様(ブラックベルディアナ) 

大分しばらく振りのハオルチアのエントリー。

この辺のレース系は少々枯れ込んだ位がそれっぽいというか、クーペリーとの縁者は多少の寒さ暑さには我慢強いと言うか?

ブラックベルディアナ近似種 (H. blackbeardiana aff. Cuylerville)

H. blackbeardiana aff.

これはどれだけストレスを与えても緑緑していて色づいた例がない。マイナス外気温でようやく葉面がかさついた雰囲気になり、葉先のノギが枯れ込む程度。お前本当はクーペ…いや何でも…。


スペックシー (H. specksii IB6956 Thomas River Bridge, Ciskei)

H. specksii

黄味のあるオレンジ~赤紫に色付く。現物は画像よりもっとオレンジ寄り。
H. specksii


マルビナ (H. malvina n.n. / H. specksii / H. blackbeardiana IB6960 2km N of Cathcart, on R30)

H. malvina n.n.

こちらは黒味が感じられる青紫に色付く。
H. malvina n.n.

ブラックベルディアナ⇒スペックシー⇒最近マルビナという独立種にされる方向。
手持ちのブラックベルディアナ系の中でも飛び抜けて美麗だとは思う。紫系が好きなのもあるが透明感を維持したまま+膨らんだままで色付くので。
ヴィオラセアも紫系で肉厚で透明感高く綺麗だが、大株になると葉が薄くなり透明度も下がる傾向があるように見える。元々大株で入手した物は葉数は多いが1枚ずつは薄く葉先の窓は白く濁っていて、極小苗から育てている物と見比べるとまるで別物のようだった。しかし極小苗が育つにつれて葉が薄くなり透明度が下がり…あれ、やっぱりこの2つ同種だわ、と見て分かるようになってしまった(苦笑)

このマルビナは今の所2.5号鉢サイズでもぴちぴちしているので(現在断水1.5ヶ月以上なので少し萎れ+透明度減=上の画像)結構大きくなっても透明度が楽しめるだろうと思われる。

輸入余剰が出て来たので現在1つオークション出品中。

*************

ガーゴが絶賛脱皮不全。薄皮があちこちへばりついていて綺麗に剥けない。

足裏の皮は剥けているのに足首で浮いた皮が繋がっていて、それが邪魔をしてカベチョロしてもズリ落ちたりするので捕まえて足裏だけ処理。目一杯嫌われる。

湿度不足かと朝晩霧吹き&ウェットシェルターをプレートヒーターの上に設置して水を蒸散させるもなかなか効果なし。
うーん、あんまりやりたくないのだが床材をヤシガラ土とかにして更に湿度を上げるべきか?ダニ涌きそうで嫌なんだよね。

剥け残りの皮は次回の脱皮が上手く行けば一緒に取れるのだが気になってしょうがない。極々薄い皮かつボディ部分なので指先血行不全で腐って脱落(レオパなどありがち)とか、なんかカサブタみたいになるとかはないのだが。
カベチョロを温浴…は駄目だよねぇやっぱり???

朝一杯にして行っても帰宅するとウェットシェルターの水もなくなっているし、飼い主不在中にケージ内が乾燥しているんだろうな。ガーゴは結構湿度を必要とするというのはこういうことか。レオパ温室用の加湿器を流用するかな。

スポンサーサイト

2010/01/27 Wed. 15:50 [edit]

Category: 多肉植物(ハオルチア)

Thread:サボテン・多肉植物・観葉植物  Janre:趣味・実用

TB: 0  /  CM: 2

top △