久々出奔 

最近心身共に調子悪いなぁと思っていて、リフレッシュするかと先日ちょっと強行軍(ほぼ日帰り)で出掛けて来た。久々の出奔。行き先は600km少々北上して関西方面へ。

行き先はこことか(分かる人には分かる?)。

某所

この一種神経症的な神経質な札の並び方が膝の裏がむず痒くなったりするがまぁ…。
トレイに一部穴が空いているのは私がこっそり抜いた跡。
某所

↑実生苗の群れ。
こちらはありがちなピクタとか、スプレンデンスとかマジョールとかのいいとこ取りして厚化粧の売れそうな顔を…とかいう交配はやっておられないので、私好みの美麗な原種同士とか透明x毛羽の繊細な掛け合わせが多いような気がする。

で、うひうひうきうきしながらトレイを持って目ぼしい物を掻き集めていると「あかん、それもあかん」ムキー!

これとか超欲しかったが駄目と言われたので写真だけ撮って来た。
メタリカxハリー(H. 'Metallica' x H. harryi=H. gordoniana)
実生苗

写真がコンデジなので今ひとつだが、実物はもっと葉縁とキールの毛羽が目立ち、窓模様も細かい網目の裏に霜降り白肌が浮き上がっていて超綺麗。
実生苗


他の実生苗でもいいなと思ったやつはやっぱり選抜で、オークション行きとかでほぼ売って貰えませんでした(ブー)。


腹立ち紛れに、んじゃこっちとゲットしてきた青田んぼ。
3つ入りヴェヌスタxヴェネチア

ヴェヌスタxヴェネチア

ヴェヌスタxヴェネチア

同じく青田買い。大型紫ヴェヌスタxドドソン紫オブツーサ
大型紫ヴェヌスタxドドソン紫オブツーサ

強烈な青光り。でもこれ選抜漏れ…。
大型紫ヴェヌスタxドドソン紫オブツーサ


これは上記の青田買いとは違うのだが…

ヴェヌスタ(H. venusta NE of Kenton on Sea) x 大型ブルーピグマエア錦
ヴェヌスタx大型ブルーピグマエア錦

親はこれ(実物)。
親株

何故親株写真があるかと言うと両親共にうちにあるから。と言うか私が採種して、蒔いて貰って育てて貰ったという趣味家としてあるまじき行いの結果…

こうなった。

透明度高いよね?
ヴェヌスタx大型ブルーピグマエア錦

一応葉の表裏に毛があるの。
ヴェヌスタx大型ブルーピグマエア錦

しかし全般としては、薄毛のピグマエア…もちろん斑なんか出てない。

動物のブリーディングの場合だと、種親を提供して貰ったとかの場合は『子返し』といって中の1匹~何匹かをお礼として差し上げるのだが、「1株置いて行った方がいいでしょーか?」という私の問いに光の速さで「いらんわ」と言われた。

ので丸ごと連れ帰って来ました。

見てろ、大きくなったらヴェヌスタ譲りのスモーキーかつ透明な柔毛のピグマエアになるんだ。ふかふかの毛で紫色になったりするはず、斑も出ちゃったりするんだってば(100%ない)。まぁ要するにほぼ大失敗ってことですな(笑)

…今年も気の早い株は花芽が上がって来て交配の季節が始まりました。やっぱりセンスないみたいだから今年は止めといた方が無難か?

* * * * * * * * * *

そんな強行軍、他も回って(物色に忙しくて写真なし)いつも通り普段実物見て買えない多肉砂漠地域住まいのため、ここぞとばかり阿呆のように大人買いして来た訳だがやっぱり帰って見ると手持ちとデータ被った原種とかデータ被った原種とかデータ被った原種とか…orz

植え替えしながらぼちぼち紹介します。

* * * * * * * * * *

出掛けて24時間以内に戻って来たので動物達は食事抜きになることもなく、飼い主の不在に気が付いていたのは多分ユーリのみ。
いつも通り吐くまで泣き叫んで私を探し回り、家人をうんざりさせたらしい。

戻って来た晩は寝ていたら胸の上に乗って来て箱を組んでじっと見下ろされ、一応目が覚めたが疲れていて体が動かず意識朦朧+金縛り状態。追い払う元気もなく、苦しいまま再度寝てしまっておかげで悪夢を見てうなされた。
寝てる時は逃げないから見張るのは勘弁して下さい~。


スポンサーサイト



2010/03/12 Fri. 23:38 [edit]

Category: 日常

Thread:サボテン・多肉植物・観葉植物  Janre:趣味・実用

TB: 0  /  CM: 10

top △