紫オブツーサ 

ちょっと所要に付き、紫オブツーサを…

No.1 (参考:定番の「ドドソン紫オブツーサ」)
大型紫オブツーサ

No.2 ドドソンよりほんの少しだけ葉が小さめ、葉数が多い
大型紫オブツーサ

No.3 葉が細めで葉先が若干尖る、他より赤紫
大型紫オブツーサ

No.4 青っぽい、「黒オブツーサ」で入手、確かに紫と言うより黒肌
大型紫オブツーサ

No.5 艶ピカ(多分ドドソン系実生)
大型紫オブツーサ

No.6 これも赤紫(紫オブ交配実生)
大型紫オブツーサ

遮光率が低いのでNo.5以外はかなり焼けてる状態。遮光するともっと透明度は上がる。
No.1~No.3まで11cm鉢、No.4~No.6は9cm鉢。

全部別系統、さあどれでもどうぞ!(私信)

焼けてない状態→過去記事1 過去記事2

2016/03/29 Tue. 06:00 [edit]

Category: 多肉植物(ハオルチア)

TB: 0  /  CM: 2

top △

出品のお知らせ 

今月2回目のヤフオク出品です。週末までに五月雨的に追加していきます。
20点程度の予定です。

sample

sample

sample

現在余裕がありませんので、余剰お問い合わせ等はお受けできません。取引ナビ(ベータ版)でのやりとりになります。

メールの返信なども遅くなる可能性があります。当面~場合によっては数ヶ月こんな感じになりますがご了承のほど...。


2016/03/25 Fri. 01:02 [edit]

Category: オークション

TB: 0  /  CM: 0

top △

美白の極み 

肌色が真っ白いオブツーサもどきを作ろう、とかなり前にふと思い付き、手持ちのハオルチアの中で肌の白いもの同士を掛け合わせ、色素が薄いと成長も遅いのか、数年がかりでやっと顔が出たのを選抜して更にそこから数年、やっと昨年あたりに成株に。

両親より大分肌色が白抜けした一番苗がこちら。くりくりとした窓に太めの条理がくっきり入り、あんまりない顔に出来たかなと。

Haworthia hybrid

「蛙玉」のオブツーサ版のような感じで可愛いなと自画自賛(笑)

…と言っても実際この交配、所謂オブツーサ=オブトや、シンビフォルミス変種オブツーサの血は1滴も入っていません。
とある原種同士の掛け合わせです。まあ見る人が見たら何を使ったか推測は簡単ですね。

↓こちらは実生兄弟苗、肌色はほぼ同じ(画像では緑っぽく写っている)、葉形葉の長さが違う。同じように栽培していてもこちらは葉が長くなりがち。上の株とは両親の特徴を別々に受け継いだ様子。

Haworthia hybrid

これも兄弟苗。個別に鉢上げして膨らませたら上の2株より白いのもありそうな…?

Haworthia hybrid

1枚目画像の苗は既に胴切りして繁殖中。

Haworthia hybrid

今年は更に白肌もしくは頭の丸いタイプを交配して、頭を潰して真っ白なオブツーサもどきを狙おうと思っている。
自分が好きな物だけ、好きなように作っていきます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今月中に何とかもう1回オークション出品予定(前回はお知らせしませんでした)。
植え替えで外れたデータ付き草をプチ☆プラで(笑)

2016/03/20 Sun. 21:54 [edit]

Category: 多肉植物(ハオルチア)

TB: 0  /  CM: 0

top △

黒オブツーサ交配種 

ご無沙汰しております、今年3回目の更新です。相変わらずのペースで申し訳ないようなもっと頑張れたような(更新しないチキンレース的な意味で)。

更新していない2ヶ月の間にすっかり冬から春に季節が変わりました。
1月末の大寒波で南国であるはずの当地でもマイナス5度が持続するような状態、植物栽培を趣味にしてから初めて経験、戸外に放置していた多肉のうちベンケイソウ科だけが無残な姿に。勝手に生えて来てた子宝草系統やレノフィルムやカタバミが殲滅できたので草抜きの手間が省k...

ハオルチアはどれだけ耐えるものかとちょっと試してみたくなり...(良い子は真似しない)

雪

同種をこういう雪晒し~色んな所に置き去りにして周りの温度と、放射温度計で植物体の体温を測りつつ寒波が過ぎるのを待ったのですが、結果、1株も駄目になったものはありませんでした。一部凍害が出て窓が曇ったものがありましたが、雪よりも風が直撃する場所に置いたものでした。

植物本体の温度はマイナス3度まで記録しましたが、事前に2ヶ月近く水切りしていたので鉢はカラカラ、体液も濃縮されていたせいもあります。マイナス温度も多分半日程度だったので耐えたのだと思います。

あくまで当方の条件下での結果ですので、ハオルチアはマイナスでも大丈夫!という事ではありません(笑)
が、庭先やベランダでの栽培の方で、室内には取り込めない(物理・物量的に)という声も沢山聴きましたので、案外大丈夫ですよ、と。
寒くなる前に水をしっかり切って鉢土を乾燥させ、植物の体液濃度を上げる、雪が直接掛からないようにする、風の直撃は新聞紙や寒冷紗などを被せてしっかり避ける、で多少なりとも安全が担保できます。

...え?春になってから記事にするのでは遅いって?いやその、来年のご参考に...。

********************

例年言っている気がするけど、そして全然実行してないけど、今年はちょっとだけ真面目に交配してみようかと思っています。

と言っても、硬いのとか窓のないのとかには興味がないので原種同種同士とオブツーサ系と窓の綺麗な草で。

草系は肌は触れたら破れそうな程に張りつめて薄く薄く、透明度はあちらが透けて見えるほどに高く高く、窓はデカ目プリクラ女子の黒目のように不釣り合いにデカくデカく、そして磨き抜かれたオヤジのハゲ頭のようにキラッキラにまばゆいほどに光るのが理想。


こちらは数年前の実生苗、黒オブツーサを母株にしたもの。5株だけ残り、そのうち3株が青肌、2株が黒肌に。

青肌の方。Zuurbron産のゴルドニアナ風、しかしオブツーサの血が作用したのかかなり肉厚。

オブツーサ交配種

黒肌の方、草姿はほぼ同じ、但し青肌と全く同じ条件で栽培していても肌色は黒紫。

オブツーサ交配種

綺麗な草を眺めていれば幸せなので、今年の交配もこういう方向で。
オブツーサも今年に入ってから急いでまた掻き集めているので、片っ端から掛けて種を採るつもり。
流行り廃りには関係なく、ハオルチア栽培を始めてからずっと、メインはオブツーサ。

これらももう花芽が上がるサイズになったので、更に綺麗な草を目指して二次交配予定。


ちょっと変わったオブ持ってるよ、って方、オファーください、当方にないタイプであれば購買交換大歓迎です♪

2016/03/15 Tue. 22:15 [edit]

Category: 多肉植物(ハオルチア)

TB: 0  /  CM: 2

top △